プロセスマップ (PMBOK)

皆様、プロジェクト・マネジメントってどう考えています?
KKD法(勘、経験、度胸)ですかね。これも重要ですが、やはり定評があるのは PMBOK でないでしょうか。しかし、「PMBOK は複雑で難しい~、使えな~い。」という声があります。このブログでは、そんな悩みに応えるため、PMBOK を分かりやすく解説していきます。
PMBOK と言われると、この2つの図を思い浮かべることが肝要です。

立上、計画、実行、監視、終結の関係図

プロジェクトマネジメント・プロセス図 ( PMBOK? ガイド第5版 )

統合マネジメント、スコープ・マネジメント、タイム・マネジメント、コスト・マネジメント、品質マネジメント、人的資源マネジメント、コミュニケーション・マネジメント、リスク・マネジメント、調達マネジメント、ステークホルダー・マネジメントの関係図

プロジェクトマネジメント・プロセスマップ図 ( PMBOK? ガイド第5版 )

このプロセスマップは、5つのプロセス群10項目のマネジメントのマトリックスになっており、所々虫食いになっていますよね。ここで、よく見て下さい。計画プロセス群と監視・コントロール群は全マネジメント項目が網羅されています。逆に言うと、マネジメントには「計画」と「監視」が欠かせない要素と言えます。つまり、「計画」と「監視」がないプロジェクトはそれ自体がもう破たんすることを意味しています。気をつけましょう。
プロジェクトの初めの一歩は「計画」と「監視」です。ここを外さないことがプロジェクト成功の鍵ですね。計画というと、一般にはタイム・スケジュールを思い浮かべますが、それだけでは十分でありません。プロセスマップにある10項目の視点で計画しましょう。(厳しいーー。)

プロジェクトマネジメントに興味がある方は、 「プロジェクトマネジメント 」 一覧

お問合せ はこちらから

最後までお読みいただきありがとうございました!
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
以下のお好きなバナーをポチっとクリックして頂けると、とても嬉しいです!
 (複数回は大歓迎!)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加