快適なテレワーク環境には、拡張ディスプレイ2つがお薦め!

 今年の3月頃からテレワークが始まりまして、ようやく慣れてきました。マイクセットやディスプレイを買い揃えて、現在の私の書斎はこのような感じになっています。

快適なテレワーク環境
イエスウィゴーの事務所

 上記の写真ではディスプレイ3台がありますが、実は1台のノートPC画面を2台のディスプレイに拡張しています。私のPC(VAIO)には、便利なことに拡張ディスプレイポートが2つもあるので、このような技が可能です。
 今までなら、「メールを読んだり、Web で調査したり、資料作成したり」ぐらいなら、ノートPC1台と拡張モニター1台で特に問題なく凌いできました。
 しかし、テレワークだとオンラインで相手とコミュニケーションをとりながらの共同作業が発生します。ハンズオン演習や、何かドキュメントを見ながらの情報共有等で色々な作業が発生して、大きなワークスペースが必要となってきますね。

今回の例では、

  1. ビデオ会議用のディスプレイ (チャット、音声で相手との会話)
  2. 配布資料の閲覧用のディスプレイ
  3. 作業スペース(会議中の内職用作業等) (^^)

 ビデオ会議では画面共有機能を備えていますが、画面が小さく文字や記号は分かりずらいです。会議の進行状況として「どのあたりを説明しているのか」のポイントが分かるぐらいで、仕様書やマニュアル等を精読するには適していませんね。よって、これらの資料は事前に配布したほうがいいですね。普段の講義や研修でもそうですが、プレゼンの資料はスクリーン画面だけでなく手元に配布するように、受講生側(この場合はビデオ会議参加者)への気遣いがとても重要となります。

 テレワークで引き籠りな作業が続き、慣れないオンライン作業でPC操作にイライラすることが多々あります。このような人には、拡張ディスプレイを活用し、快適なワークスペースでせめてPC操作のイラつきを解消すること、をお薦めします。あとは、ディスプレイ増えた分、仕事の効率も2倍、3倍とこなせたらいいのですが。。。(^^);

IoT に興味がある方は、 「 IoT 」 一覧

 

参考情報

「事業内容」 はこちらから

経営コンサルに興味がある方は、「経営コンサル」一覧

お問合せ はこちらから

最後までお読みいただきありがとうございました!
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
以下のお好きなバナーをポチっとクリックして頂けると、とても嬉しいです!
 (複数回は大歓迎!)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加