IoT 検定を独学で合格する方法 (1. 戦略とマネジメント)

IoT 検定は、かなり広い範囲で出題されます。なので、ただ闇雲に勉強するのはとても効率が悪いです。やはり、IoT検定スキルマップに沿って、学習することが最も効果的です。各キーワードは、各自インターネットで調査して下さいね。

企画・戦略

IoTというよりかは、戦略的な話の一般論的な内容です。なので、受験生が持つ幅広い知識が必要です。特に持っていない人は、インターネット等で用語ぐらい理解できるようにして下さい。

  1. 5つの競争要因は、マイケル・ポーターの5 Forces(新規参入業者、代替品、供給業者、
    買い手、競争業者)がスラスラ言えるように。
  2. プロダクトイノベーションプロセスイノベーションの違いや、それを踏まえたイノベーションのジレンマとは?
  3. スマート製品のケイパビリティは、モニタリング、制御、最適化、自立等を。
5つの競争要因

5つの競争要因(http://value-design.net より)

プロジェクトマネジメント

IoTというよりかは、戦略的な話の一般論的な内容です。

  1. 補助金施策ものづくり補助金は国の重要な施策。その背景も抑えましょう。革新的な商品や、サービスを開発する中小企業・小規模事業者を対象としていますので、製造業だけではないですよ。
  2.  PMBOKは、私のブログを参考に!
  3. アジャイルは、要求仕様の変更が多いタイプの開発に対して、機敏かつ柔軟に対応するためのソフトウェア開発手法。
  4. リーン開発は、7原則を抑えましょう。①全体を最適化する。②ムダをなくす。③チームに権限委譲する。④学習を強化する。⑤早く提供する。⑥品質を作り込む。⑦決定を遅らせる。
  5. IEC61508は、プログラマブル電子機能安全に関する国際規格です。機械だけで構成する装置は対象外です。

人材育成と企業間連携

IoTというよりかは、戦略的な話の一般論的な内容です。IPA (情報処理推進機構)の資料が役立ちます。

  1. ITSS は IT Skill Standard でITスキル標準。経済産業省が定めている個人のIT関連能力指標
  2. ETSS は Embedded Technology Skill Standardsで組込みスキル標準。
  3. UISS は Users’ Information Systems Skill Standardsで情報システムユーザースキル標準。ユーザー企業側のITスキル指標。
  4. 垂直統合 水平分業 におけるビジネスモデルの違いは? 例として、ユニクロやODMのビジネスモデル等は把握しておきましょう。
  5. クラウドソーシング は crowdsourcingで 群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた造語。アウトソーシングとの違いや、具体的な例としてはランサーズが有名ですね。

IoT 検定に興味がある方は、「 IoT 検定」 一覧

お問合せ はこちらから

最後までお読みいただきありがとうございました!
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
以下のお好きなバナーをポチっとクリックして頂けると、とても嬉しいです!
 (複数回は大歓迎!)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加