勝負日の前には、ぜひ腕時計の電池を新品に変えておきましょう!

前回のブログで、「 IoT・AIの基本の「き」の講座」を紹介しました。この講座では、ビデオ上映、IoT ツールのデモ等、実に多彩な出し物(コンテンツ)があります。当然ながら、セミナーは時間内に終了しなければならず、首尾よくこなすための段取りと時間管理が必要となります。なので、私のセミナーではストップウォッチの代わりとなる腕時計が欠かせません。

しかし、当日のセミナー本番直前で、私のストップウォッチが以下のように何も表示していませんでした。あれ~っれ~?? 当日の朝までちゃんと表示されていたのに。なんとも、このタイミングで電池が切れたとは、何とも運が悪い。

何も表示しなくなった腕時計

何も表示しなくなった腕時計

ということで、勝負日の前に、特に試験や受験等を控えている方は、ぜひ腕時計の電池を新品に変えておきましょう!

ここで、腕時計の電池を新品に変える方法を紹介しておきます。交換作業も簡単で、作業時間も10分もあればできます。

腕時計の電池交換

腕時計の電池交換

上記のように、1本のプラスドライバーでネジを外すことができました。実に簡単な作業でしたね。バッテリーも CR2032 (3V) と汎用のボタン電池でした。交換用のボタン電池は腕時計によって異なりますので、ぜひ交換電池を購入する前には現物やマニュアル等で型名を確認しておいて下さいね。

今回の交換作業代は、ボタン電池 CR2032 (3V) の 購入金額 200円 のみで済みました。ちなみに、とある電化製品屋さんへ腕時計の電池交換を依頼すると、何と 960円 らしいです。結構な技術的な料金がかかりますね。これで、勝負日には準備万全で臨めますね! (^^)

IoT 自作に興味がある方は、「楽しい IoT 自作」 一覧

お問合せ はこちらから

最後までお読みいただきありがとうございました!
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
以下のお好きなバナーをポチっとクリックして頂けると、とても嬉しいです!
 (複数回は大歓迎!)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加