宝くじの当選確率と自賠責保険について

年末ジャンボミニ1億円を30枚購入して1等当選する確率は、ズバリどれくらいの確率でしょうか、想像できますか? およそ、「1年間に交通事故で死ぬ確率」と同じです。
宝くじの当選確率と交通事故の確率
前回、年末ジャンボミニ1億円をお薦めしましたが、1等の当選確率は、100万分の1です。これは、どれくらい現実的かと言うと、あまりにも数字が大き過ぎてピンと来ないのではないでしょうか? こういう場合は、身近な例と比較することで想像ができます。ちょっと嫌な例ですが、1年間10万人あたりの交通事故で死ぬ人は、3.2 人だそうです。よって、1年間に交通事故で死ぬ確率は 3.2/100,000 なので、
1等の当選確率の凡そ30倍で, 30枚購入分となります。
この話をもう少し展開します。この確率に対して、我々は宝くじ 300円*30枚 = 9000円を支払いします。一方、この確率に対して自動車の自賠責保険は、16,350円を支払っています。さらに、任意保険は、どれくらい支払っているか、というと。。。。でも、万が一のことを考えると、保険を掛けたほうが賢明ですよね。宝くじもその確率だと思いましょう。ちなみに、私の場合は、外れたとしても社会貢献への寄付だと思っています。

宝くじは社会貢献と思いましょう。

http://www.takarakuji-official.jp/about/proceeds/

ではでは。

最後までお読みいただきありがとうございました!
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
以下のお好きなバナーをポチっとクリックして頂けると、とても嬉しいです!
 (複数回は大歓迎!)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加