納得できない地震保険!

この10月末で我が家の火災保険と地震保険の期限が切れることから、「どの保険会社にするとか、どのオプションを付ける、付けない」と色々検討してきました。

そこで調べていくうちに、基本料率(建物、家財とも)保険料なるものを見て、「えっーーーー」て驚きました。

http://www.nihonjishin.co.jp/insurance/

なんと、私の住んでいる神奈川県は3等地で一番高く、1等地の3倍以上の保険料を支払うことになってます。まあ、地震が起きる可能性が高いことは理解できるものの、「格差は3倍??」 今年の参院選で話題となっている1票の格差と同じかよと思いした。また、今年4月に地震が発生した熊本県は1等地でした。どうも活断層の危険因子は地震保険で考慮していないようで、数値的な根拠に疑問を持ちました。

最後までお読みいただきありがとうございました!
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
以下のお好きなバナーをポチっとクリックして頂けると、とても嬉しいです!
 (複数回は大歓迎!)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加